依頼者のために全力で取り組みます。お気軽にお問い合わせください。相談受付中06-4803-7082

大阪・奈良・兵庫・京都の相続、遺言、家族信託、不動産登記・商業登記は司法書士法人リーガルエスコート 行政書士事務所リーガルエスコートへ。

成年後見/任意後見

このようなことでお困りではありませんか??

画像の説明



[check]介護費用をねん出するために父所有の不動産を売却したい。

[check]認知症の父と同居している兄弟がどうも勝手に父のお金を使っている。

[check]離れて暮らす親に認知症の疑いがある。詐欺に遭わないか不安だ。

[check]知的障害をもつ息子がいるが、1人息子なので私たち両親がなくなった後のことが心配だ。

[check]最近、物忘れが激しく認知症の疑いがある。この先が心配だ。

成年後見とはこのような内容です。

画像の説明

法定成年後見とは、認知症や交通事故、脳の病気により判断能力が衰えてしまった方の代わりに、預金の管理、生活費の管理をしたり、日々の法律問題をサポートする制度です。。

判断力が十分でないと、悪質な業者に騙されて高額な商品を購入する契約をさせられてしまったり、自らの財産管理が十分にできなくなって日常生活をおくるうえでさまざまな問題が生じます。
そこで、成年後見をすることにより、成年後見人が本人の代わりに預金や不動産などの財産管理のほかその人にとって必要な判断や契約をしたりして、本人の財産や生活を守る役目を果たします。

成年後見の種類


成年後見には以下の通りに①成年後見制度と②任意後見制度の2種類があります。

  1. 法定後見制度

    すでに判断能力が衰えた後に、家庭裁判所が本人を支援する人を選任します。

  2. 任意後見制度 

    ご本人の判断能力が衰えてしまう前、つまり現状、元気な時期に将来ご本人の財産管理をしてもうらう人を本人の意思であらかじめ選びます。


    弊事務所が成年後見でお手伝いできるのはこの3つです。
  1. 成年後見人の選任申立手続
      判断能力がなくなっている
      成年後見人には、親族が就任する予定。
  2. 成年後見人の就任
      判断能力がなくなっている。
      成年後見人に池内司法書士になってほしい希望ある。
  3. 任意後見契約の締結
      現時点では、判断能力がある。
      任意後見受任者には、親族か池内司法書士になってほしい希望が  ある。


成年後見手続の流れ

法定後見制度を利用するときの流れ

  1.ご相談
    電話かメールでご連絡頂ければ、大体の概略を伺います。
  2.面談
    主に次の3点をいたします。
    ①手続きの流れのご説明をいたします。
    ②必要書類のご連絡をいたします。
    ③委任状に署名押印をいただきます。
  3.司法書士へ申立費用のお支払
  4. 家庭裁判所に成年後見人選任申立
  5. 家庭裁判所により面談→選任審判
    司法書士が面談に付き添います。

任意後見制度を利用するときの流れ

  1.ご相談
    電話かメールでご連絡頂ければ、大体の概略を伺います。
  2.面談
    主に次の3点をいたします。
    ①手続きの流れのご説明をいたします。
    ②必要書類のご連絡をいたします。
    ③委任状に署名押印をいただきます。
  3.司法書士へ申立費用のお支払
  4. 公証人との打ち合わせ
  5. 公証役場での契約
    司法書士が面談に付き添います。




[check]成年後見人就任にあたっての注意事項

画像の説明

親族が、遠方にお住みになられていたり、ご本人との関係が遠い場合等の理由で後見人になれない場合には、法律の専門家である司法書士等を後見人候補者として法定後見申立手続を行うことも可能です。

しかし、後見人というのは、財産管理等の強い権限を持った状態での一生のお付き合いになりますので、お互い十分に検討してからでないと、ずっと先に問題になったりすることも考えられます。

したがって、弊事務所ではすべての事情を考慮して、弊事務所の司法書士が後見人候補者になる場合には、十分な面談をさせていただいたのちに継続的な法的サポートを提供することが可能であると判断させていただいた場合にのみ、後見人に就任させていただく方針にしております。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional