依頼者のために全力で取り組みます。お気軽にお問い合わせください。相談受付中06-4803-7082

大阪・奈良・兵庫・京都の相続、遺言、家族信託、不動産登記・商業登記は司法書士法人リーガルエスコート 行政書士事務所リーガルエスコートへ。

家族信託(民事信託)

家族信託(民事信託)

親が認知症になったら…本気で想像したことありますか?

財産所有者が認知症になると、当人の資産保護の観点から、例えば預貯金の引き出し、不動産の売却・処分に法的に様々な制約が発生します。

写真 ウォーキングする夫婦

成年後見制度は、本人の為だけにしか財産を使えません。

そこで新しい選択肢『家族信託』おすすめします。

自身の保有する財産を特定の目的(自分の老後生活支援、相続、資産承継など)のために家族に信託し、その管理処分を任せることができます。
ご自身の判断能力が低下した期間や、亡くなられた後の財産の活用方法を信頼できる家族に託せ、遺言以上に法的な効力を持つので、先々のもめ事を回避することができます。

① 権利はそのまま名義変更
② 成年後見制度を使わず財産を管理
③ 贈与税、不動産所得税などの税金が不要

  
 詳しくは下記リーガルエスコートの家族信託(民事信託)専門ページで。
 http://osakakazokushintaku.com/

 

 

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional